29日、中京競馬場11Rで行われた第4回葵ステークス(重賞)は、2番手でレースを進めた亀田温心騎手騎乗の13番人気レイハリア(3、JRA美浦田島俊明厩舎)が、直線に入って先頭に立ち、ゴール前で並んできた幸英明騎手騎乗の3番人気ヨカヨカ(3、JRA栗東谷潔厩舎)をハナ差振り切って優勝しました。勝ちタイムは1分8秒1(良)でした。

さらに1馬身差の3着に和田竜二騎手騎乗の9番人気オールアットワンス(3、JRA美浦中舘英二厩舎)が入りました。なお、C.ルメール騎手騎乗の1番人気モントライゼ(3、JRA栗東松永幹夫厩舎)は5着、武豊(たけゆたか)騎手騎乗の2番人気ダディーズビビッド(3、JRA栗東千田輝彦厩舎)は16着に終わっています。

勝ったレイハリアは、父ロードカナロア、母ライトリーチューン、その父マンハッタンカフェという血統です。未勝利戦雪うさぎ賞に続く3連勝で重賞初制覇を果たしました。また鞍上の亀田温心騎手にとっても初のJRA重賞勝利となりました。
Aoi_Stakes_2021Aoi_Stakes_2021Aoi_Stakes_2021