アダムスブリッジとグァンチャーレが皐月賞(GⅠ)の出走を回避したことで、今年の同レースは昨年の中山の有馬記念(GⅠ)や2月の府中のフェブラリーステークス(GⅠ)より1頭少なめの15頭で行われる見込みと成りました。 アダムスブリッジとグァンチャーレの回避理由は、前者は …

↑このページのトップヘ